2018.9.21.FRI

TCPT presents BASS MUSIC PARTY

BLACK OUT 1st ANNIVERSARY PARTY feat. PEGBOARD NERDS


venue : 渋谷WOMB
open : 22:00
genre :BASS MUSIC/DUBSTEP
charge : door/3500yen
前売りチケット : 2800yen
アイフライヤー

ペグボ来日

大人気レーベル「Monstercat」からファン待望!Pegboard Nerdsの来日決定!

KAYZO、GAMMER、CESQEAUX などを招聘し、BASS MUSIC 界隈に大きな衝撃を与えた “BLACK OUT” が遂に一周年を迎える。 記念すべき PARTY の SPECIAL GUEST には今最も熱いレーベルの一つであり、狂信的ファンを数多く持つ “Monstercat” から “Pegboard Nerds” が WOMB 初登場! 先日 EP をリリースしたばかりで、Knife Party とのコラボトラックも大きな話題となった “Pegboard Nerds” は BASS MUSIC ファン、ダブステップファン、EDM ファンが今最も見たいアーティストの一人ではないだろうか? 国内からは BLACK OUT のレジデントとしてお馴染みのメンバーに加え、大物アーティストからサポートされ、海外フェスでも活躍する “THA BOOGIEBANDIT” が登場する。



当日券価格3500yenが2800yenになる前売りチケットは下記リンクからご購入ください! アイフライヤー




Tha Boogie Bandit

Tha Boogie Bandit

LA出身のTha Boogie Bandit。現在は東京に住み、アジア最大級の大箱ageHaを始め、WOMB、Sound Museum Visionなどといった様々な箱のメインステージでオーディエンスを沸かせてきた。 Wolfgang Gartner、Kill the Noise、Bobby Burns、Tim Mason、Thomas Gold、Daddy’s Groove、Lazy Rich、Lucky Date、Starkillers、Paris & Simo、Fantastic Plastic Machine、DJ Kaori、Yoji、Mitomi Tokotoなどメジャーアーティストと共演し、EDM・ベースミュージックなどをミックスしたプレイに加え、イベント主催、オリジナルトラック、リミックス制作と、幅広く活躍する。 2013年にTha Boogie BanditはBeatportとiTunesにて「Like Dat」を初リリース。その後定期的にリリース続け、DiploのRevolutionとDrakeのHotline BlingをリミックスしてJames EgbertとDon Diabloからサポートを得ており、また最新トラック「OMFG」ではBeatportエレクトロハウストップトラックチャートにて16位を獲得。そのトラックがChuckie、Dada Lifeなどのアーティストが支持しているなど、アーティストとしても邁進中。 ここ最近では、イベントプロダクション/レーベルの「Turned On」のクルーの一員として、またageHaやWombで開催される「Thunderbolt」「Bassick」「 Saturdays!」のレギュラーDJとして、自身のブートレグ/マッシュアップ・パーティーチューンでメインフロアを熱く盛り上げている。国境を越えて人々を魅了する彼の音楽の背景には、日本、アメリカ、韓国での生活経験があり、更にはブレイクダンス歴10年やギター・ドラム歴8年などの 多彩なスキルと近代音楽史の知識が、彼に類のない絶妙なリズムセンスと多種多様な音使いを生み出す要素となっている。


DJ YOSHIMASA

YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)

「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。 彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。 1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。 2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、「YOSHIMASA」自身もレジデントDJとして、多くの観客を魅了し続けた。 期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。17年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。 現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,渋谷VISIONなど東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催しており、 2018年3月にはFerry Corstenをゲストに招聘し、17年ぶりにTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を復活させることを発表し大きな話題となった。 アーティスト活動としては、「Flashover」から「DIM3NSION」との共作で「HIDAMARI」をリリースをした「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い 多くのスターアーティストからサポートされ、2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。 2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売


A-Z JUMPERZ

TAKAHASHI YU(TCPT)

1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。


23to

23TO

Electro Houseを主軸に多数のオリジナルMashupを駆使し、ときおりDnB、TRAP、Hard Danceを織り交ぜ緩急をつけたプレイスタイルを得意とする。 特にオリジナルMashupには定評があり、海外のDJからも評価され使用されている。 次々と繰り出されていくスピード感溢れるプレイと、複数の曲が重なり合って作られるオリジナルなサウンドでクラウドをロックし、EDMイベントでは欠かせない存在となりつつある。


NIKO

NIKO

フィリピン・マニラ出身。2014年6月よりDJ活動を開始する。主な出演クラブは、世界的にも評価の高いageHa、WOMB、VISION。 EDMとHIPHOPを巧みに融合させた自身のEDITを駆使した、オープンフォーマットスタイルを得意とするDJ PLAY。 次世代を担う若手DJとしてオーディエンスからの支持が厚く、豊富な国際感覚を元に培われた職人技とも言えるプレイスタイルは常にオリジナリティ溢れた空間を作り上げている。


DJ NATSUMI

NATSUMI

毎月、日本全国各地や海外にてゲスト出演をし 数多くのジェネレーションDJの中でも、一際目を惹く存在であり、トップクラスの知名度と多くのファンを持つ。 Twitterフォロワー数、約5万4千人。(2016年10月現在) 東京を拠点として活動するNATSUMIは 中学生からダンサーとして活動し、ダンススタジオでのインストラクターや、イベントでのショーケースへ出演するなど学生時代からDance Musicに触れていた。 それをきっかけに2014年ターンテーブルと出会い、19歳からCLUB DJとしての活動を始める。 DJを始めた当初は地元である福岡県、九州最大のCLUB街、親不孝通りにて約1年半圧倒的な現場数をこなしながら活動をし、更なる活動の為上京、現在は東京を拠点として活動している。 彼女の持ち味は、ダンサーとして培った音楽的センスを生かし 幅広い音楽ジャンルの知識や、選曲、グルーブ感などのスキル、オリジナティー溢れるMashup, Edit等がフロアにいる観客を瞬く間にヒートアップさせる。 Hiphopの歴史を語る福岡県でアンダーグラウンドからの経験を積み、 海外で経験したオーバーグラウンドでのEDM, House, Bass Music 等の知識を得て、世界で日々生まれる新しいサウンドを即時に共有し、 国内ではまだDance Musicに触れることが少ない層にも音楽の楽しさを伝えるため、老若男女問わず観衆を沸かすプレイをする。 持ち前のストイックな姿勢や、多彩にプレイ出来るその才能を認められ数々のクラブイベント、野外フェスティバルに出演。 10代で国内外数多くのビッグアーティストと共演を果たす。 その活動は拠点だった福岡に留まらず、北海道から沖縄まで全国へと幅を広げゲストDJとして招かれるようになった。 全国主要都市からゲストDJが集結したイベントにも九州、福岡県代表として出演を果たす。 また、2015年(当時20歳)に韓国ソウルにて開催された『KUMF』野外フェスティバルにゲスト出演。 翌年の2016年にはフィリピン セブ島No.1クラブ『Liv Super Club』にゲスト出演。 インドネシア ジャカルタTOP Club『Empirica』にゲスト出演。 日本だけではなく、海外にも多くのファンを持つ。 ジャンルは主にEDM・Bass・Hiphopを中心にプレイする。スキルだけでなく、オーディエンスを熱狂の渦に巻き込むパッショナブルなプレイやパフォーマンスも人気のひとつである。 従来のDJの文化に改革を起こすような、”魅せるDJ”をコンセプトに、MCやパフォーマンス、衣装やコスチュームを着てPlayする斬新なスタイルが幅広い世代から高い人気を誇る。 DJ melと共にGirls DJ Unit【TIDY】としても全国各地・海外にて活躍中。DJの意外性を生かした容姿とのギャップに、海外で得た知識を生かした選曲やスキルで女性DJの中でも一躍脚光を浴びている。 ラジオやメディアにも多数出演し、彼女のMixをあげたMixcloud, Sound Cloudでは約5万回の再生回数を誇る。 楽曲制作にも積極的に活動し、2015年にはTIDYとして自身のオリジナル楽曲を2曲含むMix 『TIDY COLLECTION ?BEST PARTY MIX?』を全国リリース、待望のメジャーデビューを果たした。 初のオリジナル曲【Festival】【Magic Kingdom】も同時リリース。 なんとiTunesにて初登場アルバムランキング第一位を獲得した。 3ヶ月にわたるJAPAN RELEASE TOURを行い、都道府県20ヵ所でのリリースパーティーを開催。延べ約1万人を動員する。 彼女の楽しそうに笑顔でPlayするスタイルは見るものに幸福感を提供していく。 今最も勢いのあるDJであり、今後の活躍に目が離せない次世代のシーンを担うFemale DJの一人である。



SPECIAL GUEST
Pegboard Nerds(Monstercat)

BLACK OUT RESIDENT
TAKAHASHI YU(TCPT)
23TO (TCPT)
NIKO
NATSUMI

LINE UP
Tha Boogie Bandit
YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)
INAGEE
KOZO (TCPT)
ふもっふ (TCPT)
まやのすけ (TCPT)
TAKANORI
SAKO
yuri
Herald
HID3
XXXX
Suu
Thrash Fly
MASA-Y
Addict
Banana
ONNY
DASH
MAKO
yucci
Shima
MAENOMERI
SUETSUGU



当日券価格3500yenが2800yenになる前売りチケットは下記リンクからご購入ください! アイフライヤー


渋谷WOMB[ウーム]

東京都渋谷区円山町2-16
TEL:03-5459-1383