2018.3.10.SAT

BOUNCE WEEKENDER feat.AZMAC

venue : 新木場ageHaWATER
open : 23:00〜
genre : Melbourne Bounce/EDM/BASS MUSIC
charge : door/3500yen
TCPT DISCOUNT│2500yen

BOUNCE WEEKENDER

Melbourne Bounceに焦点を当てた「BOUNCE WEEKENDER」がageHa WATERにて再始動!再始動第2回目はオーストラリアから「AZMAC」の出演が決定!

Melbourne Bounceに焦点を当てた「BOUNCE WEEKENDER」が3/10(SAT) 2018年初開催!

今回はBounceの聖地オーストラリア、メルボルンから「AZMAC」をゲストDJとして招聘。
国内からはG-NAILSがBOUNCE WEEKENDERのRESIDENTとして登場。
3/10はageHa WATERにて本場のメルボルンバウンスを堪能出来る事だろう。

新木場は遠いなと思う貴方は渋谷から出ている無料直通バスをご利用ください。 ageHaならではの野外空間で普段クラブでは味わえない感覚を是非味わってください!



3500円が2500円になるディスカウントを受け付けます!下記リンクからご連絡ください! TCPT_ディスカウントフォーム
お得なディスカウントフォームはこちら ※ディスカウントご希望の方はカタカナフルネームでおひとりおひとりのお名前をお願いいたします。(+1などは認められません)


GnaiLs

GnaiLs

2013年元旦、福岡の実家でゴロゴロYouTubeを観ていた時にEDMに出会う。 根っからの音楽好きではあったが、UKロック、ミクスチャーロック、メタル、デスメタル、スクリーモなど、いわゆるマイナージャンルを好んでおり、四つ打ちとは無縁だったが、一気にEDMの世界に のめり込む。 同年4月に上京した後、EDMイベントを求め、毎週末クラブへ通い始める。 自分の好きな音楽を周りと共有することが出来ずにいたという ある種の“もどかしさ”を感じていたため、EDM特有の一体感は、彼をさらにEDMの深みへと導いた。 DJキャリアをスタートさせてからも、海外EDM DJの来日イベントほぼ全てに参加し、オーディエンスとしてフロアで養ってきた感覚を軸に、どんなジャンルも食わず嫌いせずDigする貪欲さを併せ持ち、自身のフィルターにかけて選曲していくスタイルでGnaiLsらしさを確立しつつある。 Producerとしてのキャリアをスタートさせると同時に、兼ねて好んでいたMelbourne Bounceを主軸としたDJスタイルに転向した。 敬愛するDJ/ProducerはWill Sparks。 最近の悩みはDJ翌日の腰痛。


DJ YOSHIMASA

YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)

1976年9月18日生まれ 静岡県浜松市出身。 4つ打ち音楽全般をこよなく愛し、そのプレイ スタイルはEDM、エレクトロ、プログレッシブハウス、 ディスコハウス、アッパーハウス、テックハウスなど多岐に渡る。 数多くのDJ活動、イベントプロデュース活動を経て 現在、DJとしては新木場ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」、渋谷WOMBでの「THUNDERBOLT」と「Revamp」を中心にDJ活動中。 2011年からはYOSHIMASA+RYOJI TAKAHASHI名義で楽曲制作を開始。2曲リリースしたあと 翌年2012年から二人で「TINY DUCKS」を開始。 同年9月にオーストラリアの"Shabang! Records"からデビューEP"Lock On You"をリリースした。 初のEPでありながら Lock On YouはBeatportのElectro House Release Chartにて最高14位を記録。 (総合チャートでも57位を記録した) そこから彼らは活動を本格化させ、 11月にはトルコのスーパースター "Utku S"のレーベル"Ventuno Recordings"からセカンドトラック「Breakthrough」をリリース。 そしてFILTH & SPLENDOUR / SMASH & GRABのTiny Ducks Remixも立て続けてリリースした。 2013年5月にはKID MASSIVEとTINY DUCKSの共作「SMASH IT」がマドンナやレディーガガなどの リミックスを担当して世界中で活躍する"Sultan & NedShepard"のEDITでリリースされ Beatport Progressive Houseのトラックチャートで最高42位にランクインし大きな話題となった。 「SMASH IT」は"PAUL OAKENFOLD"や"Fedde Le Grand"、"Daddy's Groove"、"Thomas Gold"、"Nari&Milani"、 "Tom Swoon"、"Starkillers"などにRadio mixで使用されるなどサポートを受けている。 TINY DUCKSは"WOMB"を始め、日本の様々なクラブでライブセットを 行い"BINGO PLAYERS"、"MOTi"、"Wolfgang Gartner"、"Feed Me"、"KILL THE NOISE"、"Daddy's Groove "、"CROOKERS"、"TJR"、"KRYDER"、"Jewelz & Sparks"、"Lucky Date"、 "Paris & Simo"、"Hook N Sling"、"Lazy Rich"、"Kid Massive"、"Starkillers"、"ZROQ"、"DON RIMINI"など世界のスターDJ 達の入れ替わりでアクトしている。 2014年11月には待望のファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。 ジャパニーズEDMシーンの大本命と評され、多くのメディアに露出し itunesやbeatportのELECTROHOUSE,PROGRESSIVE,DUBSTEP,POP/ROCKなど多くのジャンルのリリースチャートにランクインした。 最近ではLAZY RICHの最新トラック「Opus」をLAZY RICHのレーベル「BIG FISH RECORDINGS」からフリートラックとしてリリースし 今も再生回数を伸ばしている。


TAKAHASHI YU

TCPT DJ:
TAKAHASHI YU(TCPT)

1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。


NIKO

NIKO

フィリピン・マニラ出身。2014年6月よりDJ活動を開始する。主な出演クラブは、世界的にも評価の高いageHa、WOMB、VISION。 EDMとHIPHOPを巧みに融合させた自身のEDITを駆使した、オープンフォーマットスタイルを得意とするDJ PLAY。 次世代を担う若手DJとしてオーディエンスからの支持が厚く、豊富な国際感覚を元に培われた職人技とも言えるプレイスタイルは常にオリジナリティ溢れた空間を作り上げている。



SPECIAL GUEST
AZMAC(AUS)

RESINDET
G-NAILS

LINE UP
YOSHIMASA
TAKAHASHI YU
NIKO
yuri
ONNY


3500円が2500円になるディスカウントを受け付けます!下記リンクからご連絡ください! TCPT_ディスカウントフォーム
お得なディスカウントフォームはこちら ※ディスカウントご希望の方はカタカナフルネームでおひとりおひとりのお名前をお願いいたします。(+1などは認められません)


新木場ageHa

〒136-0082
東京都江東区新木場2-2-10

access:
JR新木場駅出て直進。交番の左手の交差点を渡り直進。突き当たり右の交差点渡り、左手の交差点を渡り直進 (新木場センタービル左手に)千石橋を渡り左手の階段をおりた目の前。