MARK SIXMA

MARK SIXMA

TEARS OF TRANCE presents MARK SIXMA GUEST:
MARK SIXMA(armada)

Mark SixmaはTi?sto, Hardwellを輩出したことで知られるオランダのブレダ出身。10代の頃にDJ術をマスターし、自身の楽曲制作とライブ演奏への道へ進むことを決意した。 初期のリリースの一つである”Destination 6”がArmin van Buurenのラジオ番組A State Of Trance にて‘Tune of the Week’を獲得。多くのビッグDJからサポートを受けることとなった。次のシングル” Fade 2 Black”にてArmada Musicと契約、またしてもA State Of Trance にて‘Tune of the Week’に選ばれ、トランス界にMarkの名を知らしめることとなった。 Armin van Buurenは 、その後Markのトラックを3年連続でA State Of Tranceコンピレーションにチョイス。Ferry Corstenとのコラボレーションワーク‘Minack’のリミキサーにもMarkを抜擢した。 それ以来、MarkはArmadaやRevealed、 Spinnin’ Recordsなどの巨大レーベルからリリースを連発し、Armada Music の‘Worldwide Trance Sounds Vol. 6’のミックスコンピレーションも担当することとなった。 Mark SixmaはArmin van BuurenやFerry Corsten、Gareth Emery、Judge Jules、Markus Schulz、Paul van Dyk、Sander van Doorn、W&WといったトップDJたちと世界中をツアーしており、StereosonicやマイアミでのUltra Music Festivalでもプレイ。トロントの伝説的クラブGuvermentでのクロージングパーティにArmin van Buurenと一緒にプレイを果たした。 2013年にはW&Wのレーベル‘Mainstage Music’から‘Requiem’をリリース。Beatport トランスチャートでナンバー1を獲得し、2013年に最もプレイされたトランスチューンとなった。2014年も快進撃は止まらず、アップデートしてリリースされた‘Adagio For Strings’がBeatportでナンバー1を取るや否や、次にリリースした‘Falling Back’のリミックスが‘Adagio For Strings’を押しのけてナンバー1となる希少な偉業を成し遂げた。 2015年もArmin van Buurenから分厚いサポートを受け、コラボレーション作品‘Panta Rhei’を発表。Mark Sixmaは更にギアをシフトし、業界全体を支配下に置くべく着々と態勢を整えている。