2018.3.23.FRI

TCPT presents TRANCE PARTY

TRANCEPORT feat. Ferry Corsten

venue : 渋谷WOMB
open : 22:30〜
genre :TRANCE
charge : door/4000yen

Ferry Corsten WOMB 2018


TRANCEPORTのローンチパーティーのゲストに「Ferry Corsten」「DRIFTMOON」の来日公演が決定!

TCPTのフラッグシップパーティーとして2000年代初期に開催していたTRANCE PARTY「TRANCEPORT」が17年ぶりに復活し、WOMBの新しいTRANCE PARTYとして定期的に開催していく事が決定した。 記念すべき一回目のスペシャルゲストは、オランダ出身のトランスレジェンド・Ferry Corstenの出演が決定!

System FやGouryella名義でも知られる彼は、「Out of the Blue」を筆頭に、数え切れない程のワールドヒットチューンを生み出し続けおり、 過去数年に渡ってDJ MAGのTop10に入り続けた実績や知名度は、トランスの枠にとどまらずエレクトロニックダンスミュージック界において 先駆者的な立ち位置であり続けている。2017年にはSFコンセプトのアルバム「Blueprint」をリリースし、大きな話題となった。

人の感性に響くメロディにこだわり続け、近年復活した、ある種伝説扱いとなっていたGouryella名義においてはAnahera、Neba,VENERA,などの大ヒットチューンを世に送り出す。 彼がシーンのトップアーティストとして君臨し続けるその理由を、是非国内最高クラスの設備を誇るクラブ『WOMB』で体感してもらいたい。

また追加ゲストとしてTRANCEMISSIONなどTRANCE大型フェスには欠かせない存在の「DRIFTMOON」の出演が決定!

国内からはSystem F/Q-RIOUSのremixを担当するなど最もFerry Corstenと親交の深い日本人の一人でもある「REMO-CON」、 そして、このTRANCEPORTのレジデントDJである「YOSHIMASA」、とGlobalAirwavesから「KEN-GEE」が出演する。

最高レベルの音響と演出を兼ね備え、世界のクラブランキングにも必ずランクインする「WOMB」 にて開催される「TRANCEPORT」は間違いなく世界基準のPARTYになることだろう。


FERRY CORSTEN

TEARS OF TRANCE feat.FERRY CORSTEN GUEST:
FERRY CORSTEN
genre :TRANCE

トランス・シーンのオリジネーターであり、1989年のレコードデビューから27年にも渡り、今なおシーンの最前線を走る Ferry Corsten。1973年12月4日 オランダ ロッテルダム出身の彼は、1989年のレコードデビューから27年にも渡り、今なおシーンの最前線を走っている。 エレクトロニック・ダンスミュージック界の先駆者であり続け、言わずと知れた System F 名義でのリリース “Out of the blue”の大ヒットを皮切りに、”Galaxia”、”Out Of The Blue”、”Gouryella”、”Punk”、”Rock Your Body, Rock” “Fire”などヒット曲は数知れず。誰にも真似できないメロディアスかつ、エネルギッシュな Ferry Corsten サウンドはトランスと言う枠に収まりきらない良質なグローバル・ダンス・ミュージックと言えるだろう。 Tiesto や Armin Van Buuren と共に現代トランス・シーンの礎を築いた彼は、近年においても、Markus Shulz とのプロジェクト”New World Punx”や、復活を遂げた伝説のユニット Gouryella 名義での作品発表と、話題に事欠かないトップアーティストだ。更に、ベルギーで開催される世界最大級フェス Tomorrowland における Full On ステージのプロデュースなど精力的な活動を続けている。 世界的影響力を持つ DJ ランキング、“DJ MAGAZINE DJ TOP 100”で過去最高5位にもランクインし、Ibiza のベスト・トランス・DJ を2度受賞。彼自身がプロデュースしたアリーナ・イベント “FullOn Ferry”は1万2千人を動員した経歴を持ち、デビューから27年経つ現在も勢いは衰えず、進化し続ける鬼才 Ferry Corsten は全世界から長きに渡り愛され続けている。


Driftmoon

TRANCEPORT GUEST:
Driftmoon
genre :TRANCE

スロバキア出身、チェコのプラハ在住でJuraj Kli?ka (ユライ クリチカ)名義としても活躍するユライのメインプロジェクトDriftmoon。ユライは2010年にAly & FilaのレーベルFuture Sound of Egyptから初リリースして以来Black Hole、Pure Trance、Armada、Grotesque、Who’s Afraid of 138?!、Vandit、Aboraとトランスの名門レーベルから良質のトランスチューンを今日までリリースし続けている。彼のトラックはメロディックなトランス、アップリフティング、クラシックオーケストラの要素と様々なバリエーションを加え常に進化を止めない。Abora Recordingsから2016年にリリースされたDriftmoon 1stアーティストアルバム”(R)Evolution”に続く2ndアルバム”INVICTUS”は日本をコンセプトにした20トラックを含んだ大作。古代ラテン語の”INVICTUS”は日本語では”無敵”を意味し、アルバムのジャケットにも大きく印されている。先行シングルの”Driftmoon & Julie Thompson ? Only You”に続く作品群はユライの全身全霊を込めて創られたパーフェクトハーモニー。 世界6大陸をツアーで飛び回るユライはトランスの大きなイベントには欠かせない。トランスファンの聖地であるLuminosity Beach Festivalには毎年出演。ユライが長く住んでいるプラハ発祥の世界最強レーザーフェスTransmissionではメルボルン、バンコク、プラハと大舞台でプレイ。Markus SchulzがMr. Transmissionと呼ばれている中、2018年1月に開催されたバンコクやクアラルンプールのプレパーティーを含め毎回Transmissionに登場するDriftmoonはもはやMr. Transmission Jr.と言える。


REMO-CON

EXTREMA RESIDENT:
REMO-CON(rtrax/EXTREMA)

アーティスト活動12年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル"G-Sigh"から始まる。 その後"Cold Front"(Anjunabeats/UK) 、"Atavism"(DJ MAG Review ☆9")といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。続く2ndアルバム『rhetoric』はオリコン初登場13位を獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品『DECADE 05-15』を発表。そして先述の「rtrax」よりリリースされた”Flowered EP”は、世界最大のダンスミュージック配信サイトであるBeatport総合リリースチャートにて2位にランクインという大躍進を遂げ、その後もハードダンスチャートでは3作連続1位を記録している。さらにクリエイターとしてもSINDEN 、System Fなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。 また、DJとしては1993年より活動し、2001年には velfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型フェス"Dance Valley"に、12年には”SUMMER SONIC"に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価され、自身がホストを務めるラジオDJライブ(block fm, FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。


DJ YOSHIMASA

YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)

1976年9月18日生まれ 静岡県浜松市出身。 4つ打ち音楽全般をこよなく愛し、そのプレイ スタイルはEDM、エレクトロ、プログレッシブハウス、 ディスコハウス、アッパーハウス、テックハウスなど多岐に渡る。 数多くのDJ活動、イベントプロデュース活動を経て 現在、DJとしては新木場ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」、渋谷WOMBでの「THUNDERBOLT」と「Revamp」を中心にDJ活動中。 2011年からはYOSHIMASA+RYOJI TAKAHASHI名義で楽曲制作を開始。2曲リリースしたあと 翌年2012年から二人で「TINY DUCKS」を開始。 同年9月にオーストラリアの"Shabang! Records"からデビューEP"Lock On You"をリリースした。 初のEPでありながら Lock On YouはBeatportのElectro House Release Chartにて最高14位を記録。 (総合チャートでも57位を記録した) そこから彼らは活動を本格化させ、 11月にはトルコのスーパースター "Utku S"のレーベル"Ventuno Recordings"からセカンドトラック「Breakthrough」をリリース。 そしてFILTH & SPLENDOUR / SMASH & GRABのTiny Ducks Remixも立て続けてリリースした。 2013年5月にはKID MASSIVEとTINY DUCKSの共作「SMASH IT」がマドンナやレディーガガなどの リミックスを担当して世界中で活躍する"Sultan & NedShepard"のEDITでリリースされ Beatport Progressive Houseのトラックチャートで最高42位にランクインし大きな話題となった。 「SMASH IT」は"PAUL OAKENFOLD"や"Fedde Le Grand"、"Daddy's Groove"、"Thomas Gold"、"Nari&Milani"、 "Tom Swoon"、"Starkillers"などにRadio mixで使用されるなどサポートを受けている。 TINY DUCKSは"WOMB"を始め、日本の様々なクラブでライブセットを 行い"BINGO PLAYERS"、"MOTi"、"Wolfgang Gartner"、"Feed Me"、"KILL THE NOISE"、"Daddy's Groove "、"CROOKERS"、"TJR"、"KRYDER"、"Jewelz & Sparks"、"Lucky Date"、 "Paris & Simo"、"Hook N Sling"、"Lazy Rich"、"Kid Massive"、"Starkillers"、"ZROQ"、"DON RIMINI"など世界のスターDJ 達の入れ替わりでアクトしている。 2014年11月には待望のファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。 ジャパニーズEDMシーンの大本命と評され、多くのメディアに露出し itunesやbeatportのELECTROHOUSE,PROGRESSIVE,DUBSTEP,POP/ROCKなど多くのジャンルのリリースチャートにランクインした。 最近ではLAZY RICHの最新トラック「Opus」をLAZY RICHのレーベル「BIG FISH RECORDINGS」からフリートラックとしてリリースし 今も再生回数を伸ばしている。


KEN-GEE

KEN-GEE(Global Airwaves)

大阪にて7年、東京にて9年の活動を経て今に至る。過去様々なパーティに出演、主宰、DJ magのランキングDJとの共演し続け、現在は2010年より始動したGlobal Airwaves @ ageHaを自身のメインイベントとして主宰し、毎回メインタイムを担当している。Global Airwavesは国内では数少ないヨーロピアントランスパーティの一つして終始フロアは盛り上がり続けおり、今後も精力的に活動を展開している。プレイスタイルはプログレッシブからトランスを縦横無尽に渡り歩き、培われた経験とスキルを元に自分なりの解釈で自在に操りフロアをサウンドメイクし続けている。 制作面においては、2009年にオーストラリアのElektrax Progressiveより「December EP」、Ren De Rivesの「Tilly ? KEN-GEE Remix」をリリース、代表曲「December 23」は同レーベルのベストコンピレーションアルバムに、続いてフランスのレーベル「Believe Electro」のコンピレーションアルバムに収録される。Ryoji Takahashi氏との共作も定期的にこなし、2011年7月31日にGlobal Airwaves 6th anniversary @ ageHa BOXの同日にGlobal Airwaves Anthemを国内良質レーベルR135 Tracksよりリリース。2012年には「Ocean Lovers」をドイツのCondura Recordsから、「Big Thing」をイギリスのItch Recordsから立て続けにリリース。2013年にはGlobal Airwaves Anthemの国内外気鋭アーティスト達によるremixesを発表、UKの大御所トランスアーティストMike Koglin主宰レーベルNOIZ MUSICよりMike Koglin vs Energy Daiの「reloaded」のremixをリリース。2014年2月には大御所トランスアーティストWoody van Eyden主宰のHevensGate 10th anniversaryコンピにG.Y.R.O(縄田寿志氏)とのコラボオリジナルトラックKIBOUが収録され、彼らの持つ膨大なGig現場やラジオショーを初めとする世界的メディアへ発信中である。 今後もオリジナルトラックをはじめ、国内外のアーティストのリミックスワークもこなし、精力的に楽曲制作も行っていく。 2014年8月にはドイツの巨大フェスNature Oneへの出演が決定。





SPECIAL GUEST DJ:
FERRY CORSTEN
Driftmoon

GUEST DJ:
REMO-CON(rtrax/EXTREMA)

RESIDENT
YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)

LINE UP
KEN-GEE(Global Airwaves)
DJ ふもっふ (TCPT)


VJ
CNS
VJ Akiko
LIGHTCELL

DANCER
RINKO
Sakiton

1F WOMBLOUNGE
Morphonics aka 紙袋
Herald
cochaMe
OVERFLOW
KOZO
Tsutrax
DJ 34
TOMOKA
SENNA
AEMI

4F VIP LOUNGE
BEPPU
Su-pyi
yucci
DJ まやのすけ (TCPT)
team JIN (DJ ITZ & MaGARi)
O-Fune(EMF)
MASAI
KAZUMA
RxTx

LASER
VenusLaser


渋谷WOMB[ウーム]

東京都渋谷区円山町2-16
TEL:03-5459-1383

PAGE TOP