2018.1.26.FRI

AVA Night

venue : 渋谷WOMB
open : 22:30〜
genre :TRANCE
charge : door/3500yen
前売りチケット : 3000yen
アイフライヤー BLACKOUT

AVA NIGHT WOMB


AVA Nightが遂に2018年1月26日(金)渋谷WOMBにて日本初開催決定!

世界各国で定期的に行われているAVA Recordingsのレーベルパーティー、AVA Nightが遂に2018年1月26日(金)渋谷WOMBにて日本初開催決定!

DJ Mag Top 100 DJsに幾度となくランキングされるトランス・レジェンドAndy Moor。 彼のレーベルであるAVA Recordingsのレーベルナイトアジア初開催を東京のトップクラブWOMBで行う。 6名ものインターナショナルなアーティストが集まるAVA Nightのラインナップは世界最大級。 そんな近年稀にないビッグイベントはAVA Recordings 200作品目のリリースのマイルストーンを祝う。 日本のトランスシーンの歴史に必ず刻まれるであろうAVA Night Tokyoを絶対に見逃さないでいただきたい。

Andy Moor

AVA NIGHT GUEST:
Andy Moor (AVA Recordings / Black Hole Recordings)

Andy Moor Andy Moorの名はエレクトロダンスミュージックシーンに確固として刻まれ、DJ Mag Top 100 DJsでは幾度となく上位にランキングされ、グラミー賞のノミネートやUltra Music Festival期間中にマイアミで開催されるInternational Dance Music Awardsではベストダンスレコード、ベストトランスプロデューサー、ベストトランストラック等数々の賞を受賞している。そんな多才なAndy Moorの 5年ぶりの再来日で、自身のAVA RecordingsのレーベルナイトであるAVA Night Tokyoをアジア初開催する。 Andy Moorは5歳でピアノを弾きこなし、10歳までには7つもの楽器をマスターするなどミュージシャンの才能を持って生まれた。13歳でDJを開始、19歳で初リリース、21歳で数万規模のオーディエンスを前にしてパフォーマンス、25歳で自身のレーベルを始動させるといったサクセスストーリーを若くして成し遂げた。強い決心、比類なき努力、持って生まれた才能がAndy Moorをダンスミュージックシーンで最も影響力があり信頼のおけるアーティストへと成長させ、その一貫性や絶え間ない進化が彼を第一線で常に活躍させている。 世界的なキャリアとしては2004年のAdam Whiteとのユニットの”The Whiteroom ? The Whiteroom”、”Ridgewalkers featuring El ? Find (Andy Moor Remix)” でArmin van BuurenのA State of Trance - A Tune of The Year 2004の2位と4位を獲得。翌年の2005年は自身の”Halcyon”が年間12位を、Above & Beyondとのコラボレーション”Air For Life”はASOT - A Tune of The Year 2005大賞を受賞。各々のトラックがベストアンダーグラウンドダンストラック、ベストトランストラック、ベストプロダクション等を受賞するという大躍進をすると46位という高さでDJ Mag top 100 DJsに初登場し一気にスターダムにのしあがった。アーティストとしての初のソロアルバム”Zero Point One”はMeredith Call、Carrie Skipper、Sue McLaren、Betsie Larkinといった人気シンガーをはじめ、OrkideaやAshley Wallbridgeとのコラボレーション作品を収録し2012年にリリースされた。ディープでミステリアスなアンビエント、メロディックなトランス、ブレイクビーツ、プログレッシブと様々なジャンルレスなトラックを含んだアルバムはDJ MagやMixmagをはじめ数々のメディアで称賛された。そのアルバムからカットされた”Love Again”は大ヒットを記録。 Andy Moorはトランス界の揺るぎ無いアイコンの一人として世界中をツアーで飛び回る。現在の世界三大ダンスミュージックフェスTomorrowland、Ultra Music Festival、Electric Daisy Carnivalでのパフォーマンスはもちろんのこと、Electric Zoo、Creamfields、Global Gatheringといった有名メガフェスだけでなくA State of Trance、Dreamstate、Transmission、Trance Energy、Electronic Family、Luminosity Beach Festival、Future Sound of Egyptといったコアなトランスファンの集まるトランスフェスと、名の知れたフェスに出演し続けている。イギリスの盟友であり日本に何度か来日しているLangeとのB2BユニットStadium Fourとしてフェスティバルに登場する事も多い。 2006年に始動したAVA Recordingsは2016年に10周年を迎えたばかり。Andy Moorのラジオ番組Moor Musicも2017年9月に放送200回記念を迎えたが、AVA Night TokyoではAVA Recordingsの200作目のリリースセレブレーションという大切なマイルストーンをここ東京で迎える事に幸運にも立ち会える。AVAレーベルオーナーのAndy Moorを始め、Ashley Wallbridge、Somna、Memory Loss、Rinalyと5名ものAVAアーティストを集め、Bjorn AkessonをゲストDJとして迎えるlineupは世界のAVA Night史上最大であり、アジア初開催ともなる。記録尽くめの近年稀にない日本国内でのトランスのビッグイベントを絶対に見逃さないでいただきたい。


Ashley Wallbridge

AVA NIGHT GUEST:
Ashley Wallbridge(AVA Recordings / Armada Music)

Andy Moorと同郷のイングランドStoke On Trent出身。21歳の時にAndy Moorとコラボレーションした ”Faces”がArmin van BuurenのA State of Trance - A Tune of The Year 2009で年間9位を獲得するとライジングスターとして頭角を現し、 クリエイティブでユニークなオリジナルはもちろんのこと、Avicii, Havana Brown, Krewella, Gareth Emery, Armin van Buurenら トップアーティストからリミックスリクエストが殺到。ロスのExchange、サンディエゴのOmnia、ロンドンのMinistry of Sound、イビザのPrivilege、 ベガスのMarqueeと世界のトップクラブでプレイし続けるAshleyがついに東京が誇るWOMBに登場する。 2017年には再びAndy Moorとタッグを組んだ”Faceoff”が大ヒットするなどデビュー時から現在まで話題が尽きる事はありえない。


Bjorn Akesson

AVA NIGHT GUEST:
Bjorn Akesson(Future Sound of Egypt / Armada Music)

オランダに次ぐ欧州のダンスミュージック大国スウェーデンが生んだトランス界の貴公子Bjorn Akesson。 北欧の美しい景色のように澄み切った”Perfect Blue”をリリースするとTiesto、Ferry Corsten、Armin van Buurenらがヘビープレイ、 世界的にBjorn Akessonの名を轟かせることとなった。Aly & FilaのFuture Sound of Egyptと契約し、”Gunsmoke”、”Painting Pyramids”、 ”Xantic”といった人気楽曲をFSOEからリリース、FSOE 250 アンセム”Sand Theme”をAly & Filaと制作。A State of Trance Festival、 FSOE、Luminosity Beach Festival、イビザのPrivilegeやSpace、はたまたアルゼンチンやオーストラリアと熱狂的なトランスファンが集うイベントにBjorn Akessonは欠かせない。 Bjornのアーティストとしての実力はもちろんの事、トランス女子からのサポートも厚いその甘い王子様系のルックスも必見だ。


Somna

AVA NIGHT GUEST:
Somna (AVA Recordings / Armada Music)

Andy Moorと共にAVA Recordingsオーナーであり、A&R、レーベルマネージャーも兼任。 Armada、Future Sound of Egypt、AVA、Black Hole、Perfecto、Go On Airと名立たるトップトランスレーベルから立て続けにリリースを重ねる Somnaの作品はAbove & Beyond、Ferry Corsten、Markus Schulz、Paul van Dyk、Gareth Emery、Paul Oakenfoldとトランスシーンの大御所から 厚いサポートを受け続ける。特記すべきはArmin van BuurenのA State of Trance Radio Show Episode #791で3曲プレイされる偉業を成し遂げるなど、 トップDJのプレイリストから外れる事はありえない。Somna自身もGlobal Gathering、Creamfields、Colorsfestといった欧州のトップフェスの大舞台に立ち、 イビザのEdenを始め北米、欧州、オセアニアとトランス先進国のオーディエンスを沸かせて続けている。


Memory Loss

AVA NIGHT GUEST:
Memory Loss (AVA Recordings / In Trance We Trust)

トランス先進国である北米が生んだトランスプロデューサー。若手ながらAVA、In Trance We Trust、Go On Air、Universal Nationをはじめとした 著名レーベルから良質の作品をリリースし、Mixmag、BBC Radio 1、Billboard、A State of Trance Radioといった超有名メディアでサポートを獲得。 好評な彼女のラジオ番組”Bridging The Gap”を受け、トランスシーンで世界的に最も人気なトランスラジオ局Afterhours.fmで自身のプログラム ”Endless Dreams”を展開。スタジオワーク以外にも精力的に北米やヨーロッパでのツアーを重ね、Markus Schulz、Simon Patterson、Giuseppe Ottavianiといった人気DJと lineupに名を連ねる活躍をみせている。AVAの看板アーティストの一人であるMemory Lossのセットは見逃せない。


Яinaly

Rinaly(AVA Recordings / Tears of Trance)

block.fmでのラジオプログラム及びWOMBでのトランスパーティー”Tears of Trance”主宰。2014年にDJデビュー以来国内外の トップベニューでのピークタイムを演出。アジアの各国を中心に2017年はトランスのメッカであるオーストラリアの メルボルンやチェコのプラハでもギグを行う。2016年にリリースした”Horoscope”はArmin van Buurenのサポートを獲得。 AVA Recordingsの姉妹レーベルAVA Whiteから2017年9月にリリースした”Wave of Affection”のbeatport trance chart 1位は AVA White史上初の偉業となり1週間に渡り1位を記録。全ジャンルのbeatport top 100でもトランスでは異例の57位にランクインした。 AVAからのセカンドシングル”Lucid Dream”もスマッシュヒットを記録し、今後の世界的な活動が期待されている。



LINE UP:
Andy Moor (AVA Recordings / Black Hole Recordings)
Ashley Wallbridge(AVA Recordings / Armada Music)
Bjorn Akesson(Future Sound of Egypt / Armada Music)
Somna (AVA Recordings / Armada Music)
Memory Loss (AVA Recordings / In Trance We Trust)
Rinaly(AVA Recordings / Tears of Trance)


渋谷WOMB[ウーム]

東京都渋谷区円山町2-16
TEL:03-5459-1383

PAGE TOP